もはやネットという波に乗せて全世界へ配信されていることなど微塵も感じさせないほどのただの日記。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2006/02/06
00:37:41
よし今日は我が愛器jacksonについて特に復習することなく今ある浅い知識だけで語ってみようと思う。間違ってることも書くかもしれんから鵜呑みにしないように。

おそらく最初に頭角を出したのはランディ・ローズのためにギターを作ったことからだろう。これが有名な左右非対称のランディVになるわけです。ランディ・ローズは白いレスポールカスタム、ポルカドットのV、そして前述のランディVの順で使ってるギターが有名になるわけだがランディが死ぬちょっと前にランディVができたらしいからおそらくランディVというのはまだまだ発展性をもったプロトタイプなんだとお思う。それがアーティストモデルでありながらここまでポピュラーになった一つの要因だと俺は勝手に思ってる。ポルカドットVは今でこそjacksonが出してたりするけど本人使用はなんか個人製作っぽい。まあランディ・ローズについてはそこまで詳しくないからこの辺で。そしてその後グローバージャクソンさんはソロイストとかディンキーを作るのかな。最初期のジャクソンギターはサン・ディマス工場ていう小さいとこでほとんど手作りに近いような状態で作ってたそうなので
日本円にして80年代にして40万オーバーとかだったそうな。リアルタイムの人の話だとそりゃあもう高嶺の花で今でいうとPRSの存在に近かったそう。まあそしてだんだんと調子づいてオンタリオにちょっとでかい工場つくったりLAメタルブームでジャクソンを使うプレイヤーが増えたりででかくなっていったと。キングVなんかはラットのギタリスト(名前は失念)の体のでかさ故ランディVだと滑稽に見えるためつくられたそうな。この人の使ってるキングVは今あるのよりもでかいらしいし。ケリーとかクエーサーのエピソードはしらんけどまあこの辺からだんだん使う人が増えていったのでしょう。
今でこそアイバニーズやESPにそのシェアを奪われがちだけどあの辺のRGとかM-2とかはあきらかにソロイストを参考にしてます。もう珍しくもないけど当時はコンコルドヘッドというのがすごいインパクトだったよう。特許かなんかとってんじゃないかな。ESPで似たようなナイフヘッドってのがあるけどよくにてますね。興味のある人は楽器屋のサイトかなんかで見比べてみてください。
で、90年代にはいってグローバーさんが会社売っちゃったあたりからジャクソンの暗黒時代が始まります。ここ日本でよく見るあのGROVER JACKSONてやつですね。初期は結構いいもん作ってたんだけど低価格化を狙ってかだんだん意味不明なモデルも増えていきましたと。そして大人のイザコザで大きくJACKSONといれることができなくなり全てGrover Jacksonになったわけです。この辺の年表はよくわかりまへん。このころは販売は共和商会、製作は中信楽器て感じだったと思うんだけどいつからか共和は手を引いて中信が全部やるようになってます。それが現在見るJackson starsです。最初はセーラームーンみてえだなって思ってちょっと嫌だったんだけど俺の所有してる楽器に限りはstars>Groverです。共和は今キャパリソン作ってどんどんエンドーサーをふやしてますな。たしかに値段のわりにはプロユースっぽい。んで本家のJACKSON USAは今FENDERの傘下になってしまっています。フェンダーの買収によってどんな効果がでるのだろうと期待と不安が交錯していたけど今んところ特に何もなし。そうそうグローバーさんは一時ワッシュバーンにいたらしいけど今は何をやってるかわからんらしい。
最近シャーベルが復活しだしたし今日の日記は何が言いたかったのかというともうちょいがんばれよジャクソンってことです。
スポンサーサイト


コメント
ランディVって、ランディ・ローズからきてるんかい!意識したことなかったけど、なるほどなぁー。
RATTのギタリストって、ウォーレンかな?でもウォーレンといえばあの「ロンドン」ストラトのイメージがあるなぁ。あれ、ギターもう一人いたっけかな?わかんねぇや。

watchtower│URL│2006/02/06(Mon)00:47:52│ 編集
忘れてた、URL貼っとくよ。

watchtower│URL│2006/02/06(Mon)01:41:50│ 編集
どうも。ラットの片割れはロビン・クロスビーだった。俺のジャクソン知識のほとんどはJGFCからもらってるから興味がある人は見てみるといい。JACKSON ギター で検索すれば一発ででてくる

管理者│URL│2006/02/06(Mon)03:26:11│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://cobhc.blog40.fc2.com/tb.php/63-c5765a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ノーザン・キラー

Author:ノーザン・キラー
会社はいって働きはじめたらおもしろいことが少なすぎる!みんなそうなのはわかってる。だがそんな中少しでもおもしろいことを探し出そうと暗中模索中だぜいイエア!
楽器はギターが得意だけど最近はギタリスト的な思考はできるだけ排除しようと努力してるんだけど10年染み付いた音楽の聴き方を変えるのはむずかしいです。
あ、オタっぽい事書いてるけどオタじゃないよおれ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2 Blog Ranking
このブログをリンクに追加する
来客数

(c) 2017 愛と戦慄の日々 All Rights Reserved.

Powered by FC2 Blog
Designed by旅音
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。