もはやネットという波に乗せて全世界へ配信されていることなど微塵も感じさせないほどのただの日記。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2007/11/10
03:23:39
さて、俺ならではオタいことと音楽を微妙に織り交ぜたいやらしい内容で今日は攻めよう。

最近はギター弾いたり曲作ったりする時間よりラノベ読んでる時間のが長い。通勤往復2時間だからなそりゃそうだ。と、そこで偶然も重なりちょっとラノベからうまいこと刺激というか教訓みたいなのを得られるようなものを読んでる。神曲奏界ポリフォニカとさよならピアノソナタってのを読んでる。ポリフォニカは夢見がちな話な上たまに?と思うような記述もあるがなかなかに良いことを書いてたりする。
”音楽の根本に立ち返ったとき、その根幹に横たわるのは技術でも才能でもなくただ精霊と心をつなぐことを望む意思、それだけにすぎない”(ちょっと違約)
まあ精霊ってのが夢みがちな部分なんだがここは好きなもんに当てはめるといいんじゃないでしょうか。大昔に忘れかけてたことを思い出させてくれた。いや、よく御託を並べるときは使うけどね。実はみんなかなり忘れてたりしない?え、もしや俺だけ?精神論でテンションあげるのもたまにはいいかなと思うんだけど。

さよならピアノソナタは青春バンドもん。ツンデレ速弾き女子高生がでてくる。いくらピアノがプロクラスだからってギターはじめて半年でパガニーニはねえだろうww。他にもロック、クラシック畑に詳しい作者みたいでかなり専門用語とかなじみ深いものがでてきておもしろい。ギャルゲとベックを足した感じなのかなー。これはまだ読み終わってないのでなんともいえんが現時点では高校に戻りたい。それだけであるな。まあベースはじめて3週間でヴェートーベンの英雄弾くとかかなりファンタジックだなオイとか思うわけだがその辺はむしろ一次元の楽しいとこと解釈。リアルだとクラシック的運指ってロック系とはかけ離れてるから死ぬほど大変なのです。


音楽以外のとこから音楽のテンション上げるのもなかなか違った刺激をくれるものだと知った23の冬。
スポンサーサイト


コメント
No title
そのツンデレ速弾き女子高生は1年後にはイン〇ヴェイになっていることでしょうねww

うさみ│URL│2007/11/10(Sat)09:21:16│ 編集
No title
絶対作者確信犯だよなwパガニーニもいずれ聞いてみたいとおもってるんだがレンタルになくて二の足を踏んでいるよ

げ │URL│2007/11/12(Mon)00:50:54│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://cobhc.blog40.fc2.com/tb.php/398-d4cf02c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ノーザン・キラー

Author:ノーザン・キラー
会社はいって働きはじめたらおもしろいことが少なすぎる!みんなそうなのはわかってる。だがそんな中少しでもおもしろいことを探し出そうと暗中模索中だぜいイエア!
楽器はギターが得意だけど最近はギタリスト的な思考はできるだけ排除しようと努力してるんだけど10年染み付いた音楽の聴き方を変えるのはむずかしいです。
あ、オタっぽい事書いてるけどオタじゃないよおれ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2 Blog Ranking
このブログをリンクに追加する
来客数

(c) 2017 愛と戦慄の日々 All Rights Reserved.

Powered by FC2 Blog
Designed by旅音
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。