もはやネットという波に乗せて全世界へ配信されていることなど微塵も感じさせないほどのただの日記。
2005/12«│ 2017/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2006/01
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
05:13:11
すももももももの単行本を買ってしまいました。夕方1,2巻、朝方3巻。今出てる分の7巻まで今週中に集めてしまう確立じつに95%。根拠は明け方本屋に行ったのだがそこにヤンギの今月号がでていて立ち読みしたら俺の大好物のチルドレンオブボドムのサイレントナイトボドムナイトという曲のスコアがあったにも関わらずすももを買ってしまったという所以。いや、まあ今コピーなんかしてる場合じゃないんだよはははは。勢いでちょっとマジに同人音楽活動しそうだから気合いいれて曲つくらなきゃならんと。


音系同人(ウィキペディアより引用)

音楽CDなどの形で自主制作物を作成し、主にコミックマーケットなどの同人誌即売会や同人ショップなどで作品を公開、配布、頒布するスタイルが一般的。同人音楽ともいう。

制作する楽曲は以下の三分類に大きく分けられる。

アレンジ楽曲
ゲーム等既存の作品の音楽に独自の編曲を施して発表する手法。このとき、著作権を守って二次創作を行うためには、原作者にアレンジの許諾・二次創作物創作の許諾を得ること、もしくは予め原作者が定めた二次創作物創作ガイドラインの範囲でのアレンジや頒布活動を行うことが要求される。
オリジナル楽曲
既存の作品をモチーフにその作品の二次創作物として発表されるオリジナル楽曲 (イメージ作品)
アレンジ楽曲で挙げたように、音系同人で扱われる楽曲はゲーム等に基づいて作成されることが多い。それと同時に、ゲーム・漫画等に強く影響を受けた者がオリジナル楽曲を作成するといった機会も増え、多様なジャンルの音楽を創作する活動となっている。

また、同じ同人ソフトの分野として同人ゲームと親和性が高く、同人ゲームへの楽曲提供やオリジナルサウンドトラックの製作協力活動も多く行われている。


インディーズ音楽との相違
近年、音系同人活動を経てメジャーデビューに至る流れが見られるようになった。

また、インディーズ音楽での活動を軸にしているアーティストやバンドが音系同人活動に参入し、宣伝手法の一つとして音系同人活動を利用するケース、CDの販路の一つとして同人誌即売会や同人誌委託ショップを利用するケースも見られるようになった。

インディーズ音楽と音系同人活動とは内容がかぶる点、混同される点もあるが、音系同人は同人活動であるので、必ずしも利益やメジャーデビューを目的とした活動ではないという点で相違があるとされる。またそれ以外にも、作品の入手先や仲間との交流関係などから逆説的に分類する見方も存在する。そのため、音系同人出身のアーティストについては、その同人活動が「インディーズ作品」などと紹介されることに抵抗を示すファンも少なくない。


という実態。大学生のうちにM3とかやっときゃいろいろ楽だったとおもうけどまあいいさ。がむばるぞー
スポンサーサイト


コメント
うひょひょ。ひろこのページに飛んでみますた。
感想は特に無し。

まぁ音楽はいろんなジャンル、形がありますからね。いろいろとやってみればおもしろい出会いがあるかもしれませんね。

いがらす│URL│2007/04/11(Wed)04:55:51│ 編集
ひろこ様>以後よろしく・・・て何を意図してるんですかこのページはw

いがらす>前から言ってるけどほんとねーこっち側の世界の音楽は今のメタルシーンよりメタリック、テクニカル、アグレッシブなもんがたくさんある上にクラブ系、ジャズ、クラシックetcなんかも網羅されてるんだよ。インストに興味出てきたらマジオススメする。

げ│URL│2007/04/11(Wed)16:22:42│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://cobhc.blog40.fc2.com/tb.php/297-c2e9bfab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ノーザン・キラー

Author:ノーザン・キラー
会社はいって働きはじめたらおもしろいことが少なすぎる!みんなそうなのはわかってる。だがそんな中少しでもおもしろいことを探し出そうと暗中模索中だぜいイエア!
楽器はギターが得意だけど最近はギタリスト的な思考はできるだけ排除しようと努力してるんだけど10年染み付いた音楽の聴き方を変えるのはむずかしいです。
あ、オタっぽい事書いてるけどオタじゃないよおれ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2 Blog Ranking
このブログをリンクに追加する
来客数

(c) 2017 愛と戦慄の日々 All Rights Reserved.

Powered by FC2 Blog
Designed by旅音
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。