もはやネットという波に乗せて全世界へ配信されていることなど微塵も感じさせないほどのただの日記。
2010/08«│ 2010/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2010/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
00:16:21
ずいぶんと放置しておりました。最近はついったーなんかが便利すぎてついつい文章を書くというこを忘れがちにないrます。いやいや、これはいかんぞ!そんなわけで見てる人が凄まじく減って来た頃合、もう更新ねんじゃね?と思われるあたりで更新するのです。ていうかカウンターのサービスもおわっちゃってどんだけ来てるのか俺にもわかりません。いい加減ブログ引越し時期かなぁ。URLの名前も変えたいし。


とそんなわけで本日は覚書を。
先日ニコ生をやっていた折に「Gソロを作るは物語を書くように」といったら案外にウケがよくてですね、よく起承転結を意識するようになんてことは教本なんかに書いてありますがそーいう風に物語に直結して考えてる方は案外に少ないのかなと。
そもそも音楽ってのは大変ですよね。理数系的な考え方と文系的な考え方両方が等しく必要になってくるというものはそうないのではないでしょうか。他に思いつくとしたら映像系になりますがここは俺は全然詳しくないのでまた別の話にしましょう。
文系的感覚というのは言わずもがな歌詞だの曲考えるだの音作り。いわゆる一般的にセンスなどという言葉に分類される分野じゃないでしょうか。
理数系的感覚とは音楽理論やアレンジ、DAW等使う際の音響工学に基づいた音作りとかね。楽器の改造や製作なんかもそうか。
こう考えると一般生活と同じように文系サイドに逃げてる人をよく見る気がします。俺もそのうちの一人ですね。

結局一番強いのは理数的な考え方に基づいた文系的センスなのではとおもうのですがそれって社会人になって普通に感じることでなんでもっと早く気づかなかったんだろうなぁとさえ思います。
そんな中で文系全開なワタクシですが数年前サウンドホライズンを聴いた事により音楽というのは物語の群体なんだなと思うようになりました。アルバムが一つの大きい物語、曲がまたその物語を構成する小さい物語、その曲を構成するリフやヴァース、ソロなんかも小さい物語でそれが寄り集まって巨大な物語ができあがるっていう。
理系的にいうとある種のオブジェクト指向でしょうか。クラスがあってなんたらかんたら。一応IT系に勤務のはずなのにPGは社員研修程度しかやってないのであまり説明できるほど詳しくないのがもどかしい限りです。
とまぁそんなサンホラを聴きかじってそんな考え方にたどりついたおりですね、ライトノベルやノベルゲー等に手を出していきました。ほら、マンガと違ってラノベとかって割りと一巻で一つの話がひと段落するのが多いんですよ。とりわけマンガやアニメなんかより起承転結を感じやすいんですね。もっと起承転結がわかりやすいのがいわゆるギャルゲ。あれはほんと裏切りがないくらい起承転結がハッキリしてます。
わりとよくわからない例えをするとオーガストのゲームで視点が主人公からヒロインに変わる箇所があってまさにそこが転だったりしました。曲でいうとフックになるGソロですね。
そんなわけで社会人になると単純にギター弾いたり曲作ったりできる時間が減ったので外でもできることは何かないかの一貫でラノベを通勤中読み漁ってるのでした。普通に面白いしね。ああ、ゲームはダメだ。逆に時間を喰われてしまうんでたまにです。真面目な文学もんとかもいいんだろうけどね。そこは本を読む目的が教養を得るためというわけではないので話が違うのです。ていうか現代で文学とかいわれてんの昔のラノベだろう?またラノベだと割りと失敗作なんかもよくあるのでその辺も反面教師になっていいですね。失敗作からこそ学ぶこと多いですね。
まあ稚拙ながらもそんな努力のおかげで昔に比べたら構成力みたいなのはついたかなあと思うんだけど成果は第三者判断でしかわからないのでまだまだ修行が必要ですね。

最近のラノベだとダンタリアンの書架ってのがなかなか面白かったのでちょっと2巻買ってこようかと思います。
スポンサーサイト

プロフィール

ノーザン・キラー

Author:ノーザン・キラー
会社はいって働きはじめたらおもしろいことが少なすぎる!みんなそうなのはわかってる。だがそんな中少しでもおもしろいことを探し出そうと暗中模索中だぜいイエア!
楽器はギターが得意だけど最近はギタリスト的な思考はできるだけ排除しようと努力してるんだけど10年染み付いた音楽の聴き方を変えるのはむずかしいです。
あ、オタっぽい事書いてるけどオタじゃないよおれ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2 Blog Ranking
このブログをリンクに追加する
来客数

(c) 2010 愛と戦慄の日々 All Rights Reserved.

Powered by FC2 Blog
Designed by旅音
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。